トップへ

はじめに


長尾よね 長尾欽弥


長尾資料館は、昭和初期に保健薬「わかもと」で巨万の富を築き、 究極の成金として約20年の間繁栄を極めた長尾夫妻の生涯を追ったものです。 戦後長尾家は急速に衰退し、表舞台から消えていきましたが、このためか、 長尾家に係わる資料は少なく、また、夫妻について語る人も極僅かです。 しかし、幸いにも長尾夫妻が晩年を過ごした鎌倉山の別荘扇湖山荘には、 関連する書簡や写真等が奇跡的に残っていました。 当館はこれらの資料及び文献等をもとに、長尾欽弥とよねが歩いた稀有な人生を紹介したいと思います。



鎌倉山扇湖山荘

(鎌倉山扇湖山荘 残っていたスライド写真)



扇湖山荘に残されていた資料について

昭和50年頃、私の父加藤健太郎(筆名片山丈士)と私達一家は、 鎌倉山の頂に位置する扇湖山荘で一年半程を過ごしました。 扇湖山荘は長尾家の別荘でしたが、経済的に破綻した後夫妻は此処に居住し晩年を過ごしました。 当時山荘は既に大手建設会社の所有となり、地元の不動産会社がその管理を行っていましたが、 父は依頼され、文筆活動も兼ね一時移り住みました。 この折り、縁あって長尾家に係わる古い写真や書簡を入手することになり、 歴史作家であった父はそれらを整理し保管しました。平成23年に父が他界し、 残された資料は私たちが引き継ぐことになりました。その内容は長尾家が所蔵した美術品や、 思いを込め造築した世田谷の本宅宜雨荘、鎌倉山の別荘扇湖山荘、 唐津の別荘隣松園等々のカラースライドや、各界の要人から送られた数百通にも及ぶ書簡類他で、 当館で使用している画像や書簡のほとんどはこの資料に含まれていたものです。

<加藤健太郎のプロフィール>


私達が住んでいた当時の扇湖山荘(昭和51年)です。

昭和51年鎌倉山扇湖山荘



土居隆氏との出会い

これらの資料を役立てるため、長尾家についての調査を進めていましたが、 情報のあまりの少なさに苦労をしていました。そんな折り、 幼少の頃より扇湖山荘に強い思い入れを持ち、 長尾家についての調査や資料収集を続けてきた土居隆氏(横浜旧軍無線通信資料館館長)に出会いました。 御近所に住まわれている事を知り、大変驚き、不思議な縁を感じましたが、以来土居氏と共に長尾欽弥、 よねの足跡を追っています。




当館についての御意見、御質問等は下記へ連絡をお願いたします。
また、関係する情報、資料等がございましたら、ご提供を是非宜しくお願い申し上げます。

<nagaosyokan@mbr.nifty.com>

当館管理人 加藤 映



ホームページ作成履歴

平成27年11月21日 9時00分  「縁の人々」を更新  
平成27年11月19日15時15分  「宜雨荘」を更新    
平成27年10月 5日12時00分  「エピソード」を更新
平成27年10月 2日 9時40分  「欽弥とよね」を更新
平成27年 9月26日 9時00分  「長尾美術館」を更新
平成28年 4月11日 9時00分  「エピソード」を更新