トップへ

書簡紹介


書簡 山本五十六

書簡 溥傑

書簡 児島喜久雄

書簡 永野修身

書簡 益田孝

書簡 川島芳子

書簡 松永安左エ門

書簡 田中光顕




長尾資料館別館に引き続いて、書簡紹介をしていこうと思います。 すでにほとんどの書簡に読解訳が付きましたが、しかし難解な所も多く、 いろいろと議論もあろうかと思います。御意見がございましたら下記までお願いいたします。

<nagaosyokan@mbr.nifty.com>


・・・・・・・・・・・・


1 田中光顕 昭和 9年 1月20日 岩崎久彌宛

田中光顕1

田中光顕1 欽弥は田中光顕を通じて当時の上層階級の人々と交流していきます。 この書簡は三菱の岩崎久彌に宛てたもので、欽弥をどのように紹介したのか、大変興味深い書簡です。


2 益田孝 昭和10年 6月 4日 長尾欽弥宛

益田孝1 益田孝1 田中光顕は欽弥を当時大茶人として知られていた三井の益田孝へも紹介します。 そしてそれを契機に欽弥は茶の世界へのめり込んでいきます。 益田は一度鎌倉山扇湖山荘を訪れていますが、この書簡はその時の礼状です。 すでに80代後半だった益田は思うように歩けず、茶会への招待はほとんど断っていたようですが、 鎌倉山へは無理を押して出かけています。