トップへ

本宅宜雨荘





概  要


宜雨荘(ぎうそう)は保健薬若素の成功を確信した長尾夫妻が、発売の翌年、 昭和5年から世田谷桜新町(世田谷深沢4丁目132番地)に建造を始めた本宅です。当初敷地は500坪程度でしたが、 暫時拡大し完成時は7,500坪強の大邸宅となりました。 設計は京都の数寄屋建築師大江新太郎、造園は岩城亘太郎で、 庭園の完成に10有余年を費やしました。

宜雨荘は服毒自殺をした近衛文麿が死の前日までの4日間を愛人と過ごした場所として、 その名を戦後史に留めることになりましたが、 長尾家の窮乏により1955年(昭和30年)に「レインボー事件」の主役となる怪女坂内ミノブに売却されました。 その後東京都が取得し、1963年(昭和38年)に敷地の大半を利用して都立深沢高等学校が建設されましたが、分割され、 現在は道路となった学校北側には、大江新太郎が設計した「清明亭」と呼ばれる懸造(けんづくり)の茶室が一棟残されています。


宜雨荘の構成


宜雨荘 欽弥、よね夫妻は共に京都の出身で京風を好み、 建造に当たっては大工・左官も京より家族ぐるみで呼び寄せたとのことです。 大工の棟梁はおそらく下島塑太朗であったと思われますが、この下島は以後長尾家のお抱え大工となり、 鎌倉山の扇湖山荘や唐崎の隣松園を手がけています。


宜雨荘 造園は京一流の庭師小川治兵衛に命じましたが、実際に仕事の大半を受け持ったのは、 彼の甥で、弟子でもあった岩城亘太郎と考えられます。庭園は池と築山による京風でしたが、 一方敷地の周囲は雑木で深く囲み、域外との断景を図ると共に、深沢の地形を利用し、 丘有り、沢有りの野趣溢れた里山風景が再現されました。


宜雨荘 宜雨荘は桜新町の深沢に位置していましたが、その名の通りこの一帯は当時沢状の地形で、 跡地に建てられた都立深沢高校の西側校門添いの道路が、沢上部の平坦地であったと考えられます。 当時は西側より東に向け沢の傾斜が続き、敷地の外側には道路と平行して北から南に向け川が流れており、 ここが沢の最も深い部分でした。このため、宜雨荘は西側を除く三方に石垣を巡らし、 盛り土により必要な平坦を確保した構造であったと考えられます。写真によると母屋の右側(東側)は傾斜に合わせ、 高床式構造となっており、このことからも、宜雨荘は沢の地形を利用した起伏に富んだ構成で有ったことが覗えます。


宜雨荘 宜雨荘の跡地に造られた深沢高校は東西南北に区画されたほぼ正方形の敷地で、 その面積は大凡6,500坪程度ですが、記録によると宜雨荘の敷地は7,500坪強であったとされます。 深沢高校内に残る清明亭は北側の道路沿いに位置していますが、この建物は母屋と渡り廊下で結ばれていたため、 母屋は西側の北寄りにほぼ南向きに配置され、正門も其の近くであったと考えられます。 現在の清明亭は北側の道路に平行していますが、この位置が宜雨荘の境界であったとは考え難く、 このため、実際の敷地は現在より北側に伸びた、長方形の構造で有ったと推察されます。


茶  室


宜雨荘茶室 宜雨荘には八霞亭と名称不明の一室及び、清明亭の三つの茶室が造られていたと考えられます。 八霞亭は床柱に太い古材を用い、池にせり出した四畳半の茶室でした。 この茶室は松浦鎮信の小石川蓬楽園の池畔にあったものを移築したもので、 文人好みの洗練された茶室でした。


宜雨荘茶室 名称不明の茶室は里山を再現した一角に位置し、 「日本の庭園」(岩波写真文庫・1955年)にはその写真が掲載されています。 添え書きには「長尾邸庭園の一隅にある野趣豊かな田舎風の茶室」と解説されており、 八霞亭とは異なり、数寄者好みの「やつし」を強調した茶室でした。


宜雨荘茶室 清明亭は母屋と渡り廊下で結ばれた茶室で、その構造は当時の個人住宅には珍しく、 崖を取り込んだ懸造の数寄屋風二階建てです。懸造とは崖や斜面に櫓を組みその上部に構造物を建築する方式で、 京都の清水寺はその代表作です。


宜雨荘茶室 清明亭は岩に掛けられた渡り廊下により本宅より直接入る構造で、 一階部分は玄関、10畳強の茶室、水屋により構成され、 その奥に清明亭を特長付けている東に張出した一間半四方の釣殿が配置されています。 釣殿は東、南側に開かれた構造で、ここからは起伏に富んだ庭園を見渡すことが出来たと考えられます。 清明亭の二階は洋館風な造りで長尾夫妻の私的な部屋であったとも伝えられていますが、その用途は必ずしもハッキリしません。 また、懸造の内側には鉄筋コンクリート製の地下室が造られ、酒蔵、物置として利用されたとの事ですが、 周囲には上質のタイルが貼られ、今日見ても丁重な仕上げとなっています。

掲示写真は上段より八霞亭、「田舎風の茶室」、当時の清明亭及び現在の姿です。 この清明亭は、以前は茶道の学習等に利用されていましたが、 2011年(平成23年)の東日本大震災以降は、安全を考慮し使用されていないとの事で、行く末が心配です。


宜雨荘茶室 宜春亭
この度、駒込の六義園に世田谷の宜雨荘より移築された「宜春亭」なる茶室が存在することが判明しました。 掲示写真が該当の茶室ですが、 この建物が「日本の庭園」で紹介された名称不明の「野趣豊かな田園風の茶室」であるのかはハッキリしません。 両茶室は構造が若干異なるようにも思われますが、移築に際し改修が行われた可能性は否定できません。


宴  会


宜雨荘市丸 宜雨荘には政治家、軍人、文化人を問わず多様な人々が招待され、頻繁に宴会が催されました。 白崎秀雄著「当世畸人伝」(新潮社)には宜雨荘に於ける酒宴風景が描かれており、その様子を伺い知る事が出来ます。 このため以下に該当部分を纏めてみました。

「宴会は仕切りを外すと百畳にもなる大広間で行われた。座式の照明に電灯は用いず、 高さ五尺もある大雪洞(ぼんぼり)に百目蝋燭を灯し、名のある金屏風を巡らし、 毛氈を敷いた。そこに帯付けをした女中が、今朝鎌倉長谷で採れた魚介や、松坂の和田金から取り寄せた最上の牛肉、 北陸から届いた蟹や鴨などの料理を蒔絵の膳に載せつぎつぎと運び込んだ。 料理は北大路魯山人の星岡茶寮から引き抜かれた関西育ちの巧者加藤彌三郎が担当し、 よねの指示で包丁を揮った。彼は長尾邸の後、よねと関わりのある築地の料亭「峰也」(ほうや)で27年間板前を務め、 後に料理組合の役員となったが、『戦争中に長尾邸で私のやっていたような贅沢な料理は今日でもどんな料理店でもできないと思います』と述懐している。

宴席は先ず、新橋から来た美人芸者が数人「さあさあ、ういたういた」と歌いながら踊る座付きから始まる。 レコードで売った市丸が、よく三人の弟子をつれて来て、小唄端唄を歌う。竹七という禿頭の幇間が、 洒脱な踊りや二輪加(にわか)を披露する。

よねより三歳年下で、鼻下から口許に八字髭をたくわえた欽弥を常に主人の席にあった。 あくまでも欽弥を立てながら、よねは務めて目立たぬように女中や料理人、芸者たちに指示し、宴会を演出し盛り上げた。

宴会が終わると、茶室に場所を移し、茶事となるが、点茶は長尾家お抱えの裏千家の鈴木宗保が務めた。 よねは鈴木を宜雨荘の近所に住まわせるなど丸抱えで世話をし、宴会や茶事がある日は、彼は何度もよねの許を訪ね、 慎重に事前の準備を行っていた。」

掲示は戦後芸者歌手として名声を得た市丸ですが、彼女は長尾家が支援した近衛文麿の愛人でもありました。



近衛文麿の宜雨荘滞在


宜雨荘近衛 1945年(昭和20年)12月6日、GHQは公爵近衛文麿、侯爵木戸幸一ら9名に対し、同月16日午後12時を期限とする逮捕令を発布しました。 近衛がこの発令を聞いたのは滞在していた軽井沢の別荘でしたが、その後6日間彼はそこに留まりました。

11日の深夜、近衛は車で東京に戻りましたが、その行く先は荻窪西田町の本宅「荻外荘(てきがいそう)」ではなく、 愛人山本ぬい子と二人の間に生まれた娘斐子が待つ、世田谷深沢の長尾家本宅である宜雨荘でした。 山本ぬい子は元新橋の芸者で、背が高く、凄艶なまでの美人であったと云います。 長尾家は長年にわたり近衛を公私ともに支援してきた経緯があり、近衛は最後の時間を勝手知った宜雨荘に守られ、 穏やかに過ごすことを望んだとも推測されます。

近衛が宜雨荘に入ると門前には、警察官やMP、新聞記者達が集まり騒然となりました。 また、近親者や側近、知人の山本有三や内閣のブレーンでもあつた後藤隆之助らが来訪しましたが、 この間、収監を避けるため入院措置等の対応策が協議されたと考えられます。

12月15日の夕刻、長尾夫婦が車で送り、近衛は荻外荘に戻りました。邸内には多くの訪問者が居ましたが、 夜が更けて近親や側近者のみになり、近衛は後藤隆之助と山本有三に収監に応じる意志の無いことを伝えたとされています。 その深夜、近衛は次男通隆と二人で語り合い、三時頃一人で就寝しました。間もない朝六時頃、 部屋の灯りがついていることをいぶかった姪の大山咲子が、床の中で既に冷たくなった近衛を発見しました。 新聞報道によると死因は青酸カリによる薬物死と推測され、枕許の盆には「わかもと」と「エビオス」が置かれていたとのことです。

近衛文麿が宜雨荘に滞在し理由については諸説がありハッキリしません。 然し、滞在中近衛はよねに山本親子の世話を託したことは想像に難くありません。このためか、近衛亡き後も、 よねは変わることなくこの親子の面倒を見続けました。

写真は鎌倉山の別荘でくつろぐ近衛文麿で、撮影は昭和1943年(18年)夏、 出典は木舎幾三郎著「近衛公秘聞」(高野山出版社)です。




”宜雨荘と坂内ミノブ”

宜雨荘は1955年(昭和30年)に売却されましたが、購入者は後に「レインボー事件」の主役として世間を騒がせた坂内ミノブでした。 坂内は東京銀座で「レインボー」というレストランを経営し、店内では併せ美術工芸品や貴金属も扱っていました。 当時彼女は「財界の妖雲」と形容され、東京港区高輪の高級住宅地に部屋数が20室もある伊皿子御殿とよばれる大邸宅に一人で住んでいました。 ある資料によると、「御殿の裏庭には噴水を備えた池があり、中庭に造られた立派な小鳥ケージにはインコや九官鳥他百羽をこえる小鳥が羽ばたき、 ?セパード、コリー、ポインターなど16匹の犬を飼い、自家用車はキャデラック、ベンツ、ジャガーなど6台を所有していた。 また、化粧室にはパーマ用の器具一式が備えられ、30畳もあるクローゼットルームの棚には、色分けされた服がぎっしり詰まっていた。」との事で、 その生活、浪費ぶりは誠に派手なものでありました。

この坂内が千葉銀行の頭取で「法皇」と呼ばれた古荘四郎彦をたらし込み、1950年(昭和25年)頃より、 「レインボー」など坂内関連企業に対して、現在の額面に換算すると百億円近くもの巨額融資を行わせ、 その大半が焦げ付くことになりました。この間古荘は融資に際し法務局に対し虚偽の登記を行うなどし、 これが商法違反と公正証書原本不実記載に問われ、1956年(昭和31年)、古荘、坂内らが東京地検により逮捕、 起訴され「レインボー事件」として世間を騒がせることになりました。

東京地裁は1961年(昭和36年)4月、古荘に対し懲役3年、執行猶予3年を、坂内に対し、懲役3年の実刑判決を下しましたが、 坂内のみが控訴し、古荘の刑は確定しました。その後坂内は上告を続け、 1965年(昭和40年)3月に最高裁が検察側の上告を棄却し、無罪を勝ち取っています。 この事件により、千葉銀行の信用は大きく失墜し、1960年(昭和35年)代の半ばまでその業績は低迷しました。

上記の経緯により、坂内ミノブは千葉銀行の不正融資に関連した資金により、宜雨荘を購入したものと推察されます。 しかし、この様な事が許されるはずもなく、宜雨荘は間もなくして処分され、 長尾夫妻が精魂を傾け造った大邸宅は結局解体されることになってしまいました。